【新潟県】転職市場の動向、暮らす魅力、おすすめ転職サイト

【富山県でおすすめの転職サイト5選】後悔する前に!理想の求人情報を探すコツ

この記事では、
新潟で転職する際のポイントや注意点について解説します。

・新潟の転職市場の動向
・新潟で暮らす魅力
・新潟で転職するポイント
・新潟で転職する際の注意点

といった点にお答えしていきます。

新潟は首都圏をはじめ、さまざまな地域へアクセスが良く、
自然も多いので、とても住みやすい場所です。

この記事を読んで、新潟の特徴や仕事事情を知り、転職を成功させてください。

 


新潟で転職におすすめのサイトこちら

新潟県の転職市場の動向

新潟県の転職市場の動向

まずはじめに、新潟県の転職市場の動向について紹介します。

ここを読むことで、新潟県の実情を知り、新潟県への転職に関する不安を少しでも拭っていきましょう。

新潟県の特徴

まず新潟県の特徴としてあげられるのは、日本有数の「米どころ」であること。

そのため、ちょっと田舎な印象を持つ人も多いですが、
言い換えれば農業が盛んで、自然豊かな土地であるともいえます。

また新潟県は南北に長く、実は北海道を除く全都府県の中で「最も直線距離が長い県」。

色んな地域へアクセスが良いため、特に首都圏とは、かなり関わりが強いようです。

そして新潟県は、ポップカルチャーの分野でも注目されており、高橋留美子や赤塚不二夫など、漫画家の輩出県としても有名。

新潟市にある「マンガ・アニメ情報館」は、2018年に「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」に選定されました。

新潟県の仕事事情

新潟県の仕事事情ですが、縦長であるせいか地域差が少しあり、求人に関しても地域でバラつきがあります。

求人が多めなのは、やはり新潟市や三条市、新発田市などの都市部。

反対に十日町市などの山間部になると、求人はすこし少なめになってしまいます。

そのため、転職の際の狙い目は新潟市などの求人です。

また、新潟は
「東京にいる地方出身者のなかで、最も多いのは新潟県出身者」というデータもあるほど、東京への進出が進んでいる県としても知られています。

そのため、20代~30代は東京に出てしまう人が多いのですが、言い換えれば新潟県では、その年代を求めているということ。

つまり若い世代の転職は、新潟県ではとても有利だといえます。

新潟県の平均年収

2019年(令和元年)の新潟県の平均年収は368万円でした。

内訳ですが、男性は399万円、女性は308万円となっています。

出典:【47都道府県】平均年収ランキング 最新版

新潟県の産業

さて新潟県は、現在どんな産業が盛んなのでしょうか。

「米どころ」として有名な新潟県なので、産業としては農業が盛んに思われがちです。

しかし、新潟は農業以外にも、以下の4つの産業も盛んな地域です。

  • 食料品産業
  • 製造業
  • 建設業
  • IT・情報通信産業

順番に見ていきます。

食料品産業

まず食料品産業では、米をはじめとした農林水産物を加工した産業が盛んです。

特に米菓や清酒、水産練製品が有名で、大手お菓子メーカーであるブルボンや、亀田製菓、越後製菓も新潟に本社を構えています。

製造業

製造業も新潟は有名で、石油ストーブなどを取り扱う株式会社コロナや、日本精機株式会社などが新潟に本社を置き、世界中で活躍中。

建設業

また建設業に関しても、実は事業所数が全国2位と、建設業が盛んな県です。

ちなみに男社会の印象が強い建設業ですが、近年では女性の雇用も増えています。

IT・情報通信産業

首都圏ではない新潟でも、ITや情報通信産業が盛んです。

東京に近いこともあり、大きな案件が東京から新潟へ入ってくることもあるようです。

新潟県の有効求人倍率

新潟県の有効求人倍率は、「1.21倍」です。(※令和2年5月時点)

出典:都道府県別有効求人倍率:主要労働統計指標|労働政策研究・研修機構(JILPT)

ちなみに、同年同月の全国平均は「1.20倍」なので、新潟の方がやや上回っています。

つまり、全国の中でも新潟県は「比較的仕事が見つけやすい状況にある」といえます。

また職業別に、正社員雇用のみで見てみると、現在は専門・技術職・販売職で求人が多くなっています。

特に建築・土木関係、IT関係、商品販売業などで、求人率が高くなります。

その他、医療や介護の分野でも求人率は高く、介護士も需要があります。

ただし、事務や運搬などの職種は求人倍率が1を下回るため、他の職種に比べて、少し転職が難しい状況のようです。

新潟県で転職するなら
転職サイトおすすめランキング

もくじに戻る▲

新潟県の求人情報【正社員】

新潟県の求人情報【正社員】

さてここからは、新潟県の実際の求人情報を紹介します。

結論から言うと、新潟県では
「未経験OK」
「新潟ならではの仕事」
「福利厚生が充実した企業」
など、魅力ある求人が多く見つかりました。

今回はハローワークを利用して、新潟の求人情報を実際に検索した結果を紹介しますので、ぜひ目を通してみてくださいね。

ハローワークの求人検索

未経験OKの求人も多い

新潟県は有効求人倍率が高く、産業も発展しているため、未経験OKの求人が多いのが特徴です。

ちなみに職種としては、営業や販売などが多いですが、人気の受付や営業事務などの職種でも、未経験可の求人が存在します。

未経験職種・業種への転職は、同業からの転職に比べて少し難しい部分もありますが、しっかりと探せば見つかることも多いので、ぜひ実際に見てみてくださいね。

また特に20代前半~30代前半は、未経験からの長期キャリア形成を見込んで、有利になることが多いようです。

地域ならではの求人も存在

せっかく新潟に住むのなら、「”新潟ならでは”の仕事に転職したい!」 と思う方もいらっしゃいますよね。

そこで調べてみたところ、新潟には地域ならではの求人も数多く存在しています。

例えば、新潟で有名な「スキー場」の場合。

スキー場をはじめとする、リゾート施設を運営する企業の求人が出ています。

その他にも、地元の老舗レストランや、新潟の工芸品を製造する企業なども、正社員雇用で求人が出ています。

ただし、農業法人や第6次産業に関していえば、経験や年齢制限などが重視されるため、少し厳しい状況のようです。

地域に密着する求人であればあるほど、
地元情報誌やハローワークの情報よりも、
”非公開求人”が出ている転職サイトやエージェントがオススメです。

働きやすい福利厚生が充実の求人

新潟には働きやすく、福利厚生が充実した求人も数多くあります。

首都圏との往来が多い土地柄なので、県外からの移住者を受け入れる土壌であり、社宅や家賃補助ありなど、いわゆる「法定外福利厚生」が充実しています。

またワーママが気になる、育休や育児・託児の支援に関しても、制度がある求人が数多くあり、なかには託児所付きの求人も存在していました。

そのほか、資格取得支援や食事補助など、求人企業によっていろいろな福利厚生がありました。

休暇が確実にとれる求人

つづいて、ちょっと気になるお休みに関してです。

「土日祝休みの求人」や「完全週休2日の求人」も数多く存在しており、さらには5日以上の連続休暇を取得できる求人も多数存在しています。

また出産の際には、産休や育休の休暇を取得できる求人も多いです。

昨今、ワークライフバランスが重視されてきているので、休みや勤務時間に関して配慮されている求人が多くありました。

高年収の求人

最後に、高年収の求人があるかどうかを調べた結果、新潟の平均年収410万円以上の求人も数多くあります。

その更に上の「年収600万円以上の求人」になってくると、実務経験が豊富であることや、専門資格が必要であることなど、同時にスキルが求められるものが多くなってきます。

ちなみに、一般的に高年収と呼ばれる年収800万円以上の求人もありますが、不動産や自動車関係の営業など、職種や業種が少し限られる傾向にあります。

しかし、評価されるべきキャリアがあったり、希望職種にあっていたり、必要なスキルに自信があったりなどがあれば、新潟であったとしても高年収は夢ではありません。

新潟県で転職するなら
転職サイトおすすめランキング

もくじに戻る▲

新潟県で暮らす魅力

新潟県で暮らす魅力

ここでは、新潟県に暮らす上での魅力を紹介します。

結論から言うと、新潟の魅力は大きくこの3つだといえます。

では、順番に見ていきましょう。

物価・家賃が安い!

まず新潟は、東京に比べてかなり物価や家賃が安く、支出を抑えることができます。

実際に2LDKの、ひと月あたりの家賃で比較してみると、
東京は平均約9.5万円に対して、新潟は平均約6.89万円です。

それだけで月2.6万円も差がつき、1年間で考えると31万円も支出が抑えられます。

さらに、夫婦に子供2人の4人暮らしとして計算した生涯世帯支出で見ても、新潟は約2億3,700万円なのに対し、東京は約3億1,400万円。

かなり大きく差があるのがわかります。

その理由は新潟の地形にあり、海にも山にも近い上に、縦に長い分、物流も盛んです。

そのため、他よりも余分な費用をかけずにさまざまな物が搬入されるので、物価も安く済み、支出全体が抑えられるのです。

食べ物がおいしい!

そして新潟は、食べ物が美味しいのも、大きな魅力といえます。

農業が盛んなことで有名な新潟ですが、実は海にも近い県。

そのため、新潟は米や農産物だけでなく、海産物も豊富です。

さらには食品加工業も盛んで、米菓などのお菓子も有名。

水産練製品や清酒などの出荷も全国1位なので、新潟は美味しい食べ物があふれる県だと言えます。

遊べるスポットが多数

新潟は、実は遊べるスポットが多い県としても有名です。

実は、「神社の数が日本一多い」のが、新潟県であることをご存知でしたでしょうか。

そのため、もし新潟に住んだなら、自宅を拠点として色んな神社めぐりができ、プチ旅行ができてしまいます。

もちろん神社だけでなく、新潟は自然公園の面積が全国2位、温泉地の数が全国3位と、アウトドアやレジャーの面で、かなり恵まれた環境にあります。

さらに夏になれば長岡花火大会があり、冬になればスキー場があるため、四季に応じていつでも楽しめる県だといえるでしょう。

新潟県で転職するなら
転職サイトおすすめランキング

もくじに戻る▲

新潟県で働くメリット・デメリット

新潟県で働くメリット・デメリット

新潟に転職したときの、メリットとデメリットをまとめていきます。

ここを読み、自分にとってのメリットとデメリットのバランスをしっかり考え、転職を検討してください。

新潟県で働くメリット

新潟県で働くメリットとしては、以下の4つです。

では、順番に見ていきましょう。

通勤時間が短い

実は新潟県は、通勤時間の短さが全国1位の55分。

東京の平均通勤時間である1時間30分と比べると、かなり短いのがわかりますね。

新潟は、電車より車での移動が主になるため、
満員電車に悩まされていた人には、ゆとりある出勤になること間違いなし!

現在はコロナの影響で、「3密」を避けたい人も多いと思いますので、電車を利用しない通勤はかなりメリットになると思います。

余暇時間が長い(残業が短い)

新潟県は、帰宅時間の平均がなんと18:36。

東京の平均である19:45と比べるとかなり早いのがわかりますし、夏場であれば、まだ明るい時間帯に帰宅が可能です。

そしてこの結果から、新潟の企業は残業が短く、余暇時間が長いということもわかります。

プライベートを大事にしたい人には、新潟県への転職がオススメです。

子供がいても働きやすい

新潟県は、子供がいる人の有業率が高く、全国11位(76.6%)です。

ちなみに東京は40位(61.2%)なので、新潟は育児者も働きやすい環境にあるといえます。

その背景には、地域子育て支援拠点事業を行う箇所が、全国3位であるほど多いことや、保育所の待機児童数が0であることなど、子育て支援の充実しています。

こうした環境は、働くママにとって大きなメリットだと言えますね。

正規雇用者が多い

実は新潟県の正規雇用者の比率は、全国6位(68.9%)

東京は25位(66.0%)ですので、新潟の方が正規雇用者が多いことがわかります。

正社員になるのが難しくなっている今のご時世ですので、このメリットは、転職希望者にとってかなりありがたい環境ですね。

新潟県で働くデメリット

では逆に、新潟で働くデメリットも紹介します。

大きなものとしては、以下の2つです。

順番に見ていきましょう。

年収が下がる可能性がある

前述しましたが、新潟県の平均年収は約410万円(2019年度)です。

細かくみると、男性の平均年収が418万円で、女性の平均年収が315万円です。

ちなみに全国平均で年収を見てみると、男性507万円、女性355万円。

そのため、UターンやIターンで新潟に転職すると、「2~3割ほど年収がダウンした」という人も、中にはいるようです。

ただ、「なるべく年収を下げずに転職したい!」という人は、転職エージェントを使うのがおすすめです。

自分の希望から、ある程度求人を精査し、年収に関しても考慮したものを提案してくれます。

東京の方が有利な職がある

また、新潟よりも東京の方が有利な職、または東京にしかない職もあります。

特に芸能やテレビ業界などのマスコミ関係の職業や、外資系の業種に関しては、どうしても東京など、首都圏の方が有利です。

ただ現在、在宅勤務やテレワークなどの導入も進んでおり、東京を拠点に全国で採用を行っている企業も、なかにはあります。

この求人の場合も、ハローワークなどに出ることはほとんどないため、転職エージェントなどに登録し、求人を確認しておいたほうがいいでしょう。

新潟県で転職するなら
転職サイトおすすめランキング

もくじに戻る▲

新潟県で転職を成功させるポイント

新潟県で転職を成功させるポイント

ここからは実際に、新潟県で転職を成功させるポイントを見ていきましょう。

具体的には、以下7つのポイントを押さえておくのがオススメです。

では、順番に見ていきます。

新潟県で働きたい理由を明確に

まず第一に、新潟で「どうしても働きたい理由」を、自分の中で整理しておきましょう。

この理由を考えておくことは、後に必ず訪れる、面接の対策にもつながります。

というのも企業側は、「なぜ東京などではなく、新潟にわざわざ転職するのか?」という疑問を持ち、面接で必ず訊いてくるからです。

もし漠然と答えてしまうと、「それなら新潟でなくてもいいのでは?」という印象にもなりかねません。

またそういった理由の場合、自分でも働いてから「東京の方が良かった」などという後悔を生んでしまいがち。

そのため、これまでの経験や今後のビジョンを踏まえつつ、自分が「どうしても新潟で働きたい理由」を明確にしておきましょう。

転職理由をきちんと整理する

転職を成功させるなら、転職理由も明確にしておくのがオススメです。

もし転職理由がはっきりしないまま、漠然と転職してしまうと、転職先でも同じ不満が出てきてしまい、仕事を辞めるのが癖になってしまうことも。

同時に、「転職理由」と「新潟で働きたい理由」が、ちゃんとマッチいるのかも重要なポイントです。

もし良い理由が出てこない場合は、転職エージェントを使ってキャリアアドバイザーと相談すると、良い理由が見つかるかもしれません。

自己分析は徹底的に行う

また自己分析に関しても、徹底的に行いましょう。

なぜなら転職するためには、自分の「強み」を見つけ、面接のときに自分を売り込む必要があるからです。

特に新潟などの地方への転職となると、大手企業の求人よりも、少数精鋭の中小企業が多くなります。

となると、「即戦力」になることを重視している企業も多数。

そういった場合には、自分のスキルや経験、持っている資格などを、武器としてちゃんと知り、自己PRをする必要があります。

ただもし、どうしても自己分析がうまくいかない場合は、こちらも転職エージェントを使って整理することをおススメします。

面接を受ける企業のことは調べておく

転職に失敗しないためにも、面接を受ける企業のことを調べるのは、かなり重要なポイント。

なぜなら、もし実際その会社に入った時、
「仕事についていけない」
「雰囲気が合わない」
ということになると、不満を感じ、結局また転職をすることになる危険性があるからです。

そして、新潟に転職する場合は、企業研究する上で、できれば見ておきたい重要な点があります。

それは面接を受ける企業が「新潟にある理由」、または「新潟に支店を置いている理由」です。

というのも、新潟にいる理由によっては、キャリアアップ目的で首都圏に転勤させられてしまったり、最悪新潟から、企業が撤退しまったりすることもあるからです。

「新潟で働きたい」と思うのであれば、その企業自体が「新潟にいること」にこだわりを持っているかどうかも、企業研究で調べていけるといいですね。

転職活動は在職中に

転職の際は、在職中に活動するのも、とても重要なポイントです。

というのも企業側は、職歴に「空白」があると、その間に何があったのか非常に気にしますし、面接でも必ず聞かれてしまいます。

その際、新卒ならまだしも中途の場合、よほどの事情でなければ「計画性がない」とみなされ、非常にマイナスな印象を抱かれてします。

しかも新潟など地方になると、東京などよりも「仕事を辞めること」にかなりシビアな目を向けてきますので、マイナスになることは避けた方が無難です。

とはいえ、仕事をしながらの転職は、予想以上にかなりの労力を使いますよね。

そのため、「新潟に行くのは面接の時のみ」と決めたり、転職サイトや転職エージェントなどをうまく活用して、効率的に転職活動に望みましょう。

新潟県で開催される転職フェア・イベントに参加する

新潟での転職の際は、休日などを利用して、新潟県で開催される転職フェアやイベントに参加してみましょう。

というのも、実は東京でのイベントとは違い、地方の転職フェアやイベントには、「採用担当者」として重役が来ていることもあります。

そのため、参加して話を聞いただけなのに、面接が有利になったりすることもあるのです。

また「新潟にある実際の企業」に触れることで、新潟で働く「イメージ」を鮮明に持つことも出来ます。

忙しい方は一度だけでもいいので、転職フェアやイベントに参加し、新潟で仕事するイメージをつかんでおきましょう。

転職サイトや転職エージェントを活用する

新潟での転職は、転職サイトや転職エージェントを活用するのも成功への近道です。

転職というと、ハローワークを利用する人が多いです。

しかし、働きながらの転職となると、時間はかなり限られています。

そのため、ハローワークの営業時間を気にしながら仕事を紹介してもらうよりも、転職サイトや転職エージェントを利用する方が、効率的に転職活動を進められます。

また非公開求人など、転職サイト・エージェントだけに求人を出している場合もありますので、上手に活用して転職活動を有利に進めましょう。

新潟県で転職するなら
転職サイトおすすめランキング

もくじに戻る▲

新潟県で転職する際の注意点

新潟県で転職する際の注意点

ここからは、新潟県で転職する際の注意点をまとめておきます。

「既に新潟に住んでいて転職する場合」
「IターンやUターンで新潟に転職する場合」
この両方のケースを紹介しますので、失敗しないためにもぜひ読んでみてください。

転職前の新潟県移住はNG!

まず第一に、転職が決まる前に、新潟県に移住するのは絶対にやめましょう。

ちなみにこれは、
「現在、新潟県に住んでいない場合」
「県内には住んでいるけれど、離れた市などに転職したい場合」
のどちらにも言えることです。

なぜ転職前の新潟県移住をやめた方がいいのか、理由は大きくは以下の3つです。

  1. 就職活動への時間と労力が削られる
  2. 金銭面で圧迫される
  3. 社会的信用が無いと賃貸を断られる

こちらも順番に見ていきましょう。

1.就職活動のための時間と労力が削られる

引っ越しが、転職活動と同じ、またはそれ以上に時間と労力を使うことは、引っ越しを経験した人なら、誰しもわかることだと思います。

さらには「職探し」と、アパートなどの「部屋探し」を同時に行うのは、どちらも中途半端になる可能性があり、かなり難しいと考えた方がいいでしょう。

ちなみに、長期戦を見越してマンスリーなどを借りる方もいますが、転職活動が長期化した時に金銭面で苦労するため、あまりオススメしません。

2.金銭面で圧迫される

転職活動は、意外にお金がかかり、金銭面を圧迫します。

例えば履歴書や証明写真などの必要書類を準備したり、面接用にスーツを新調したり…なんてものも、一つ一つは小さくても、長期化すればかなり負担に。

さらには地方への転職となると、交通費も多くかかってきます。

もし転職に成功しても、直後は給与がすぐに出ないことも多いですし、残念ながら年収が下がった場合、かなり金銭的に圧迫されがちです。

そのため、転職活動中は無駄な費用をかけるのは、できるだけ避けた方が無難です。

3.社会的信用が無いと賃貸を断られる

そして、実際にもし賃貸を借りたいと思ったとしても、社会的信用がなければ借りられません。

ちなみに、現在仕事をしているかの他に、住民票に記載されている住所に関しても、審査の対象になることがあります。

というのも、現在新潟ではない場所に住んでいるのに、なぜ新潟に部屋を借りるのか?という部分は、賃貸を借りる際に必ず引っかかるところ。

そこで「転職」という理由が上がると、「仕事をやめて安定した収入がなくなる可能性あり」と、判断されるケースがあるのです。

そのため、転職先が決まる前に引っ越しするのは、やはりおすすめできません。

ちょっと大変でも、仕事を継続しながら、面接などの必要な時だけ新潟に通う転職スタイルにしていきましょう。

空白職歴は面接でマイナス印象

空白職歴は面接でマイナス印象になるため、必ず在職中に転職活動を行いましょう。

というのも、東京など首都圏以外の地方の企業は、実は新卒採用をしないような企業も多く、人の入れ替わりがそこまでありません。

そのため、「仕事を辞めること」に対して、どんな理由であれ否定的な人も多く、「どうせうちも辞めるだろう」なんて思われてしまったら、最初から採用してくれません。

それに加えて「辞めた後に空白職歴がある」となると、
「計画性がない」
「やる気がない」
と判断されて、面接までたどり着かないこともあります。

大変だとは思いますが、空白職歴がないように、在職中に転職活動を行ってくださいね。

企業の場所を必ず確認すること

新潟県で転職する際に気を付けた方がいいのは、企業の所在地です。

というのも、新潟は縦に長い県であり、東京のような距離感で考えると、かなり痛い目を見ます。

土地勘があって転職するのであれば大丈夫でしょうが、「新潟県」という部分だけ見て求人を探すと、予想外の場所に転職してしまうことも。

また新潟県は、全国屈指のバイパスがあり、転職でも利用することが多いですが、降りる出口を間違えてしまうと大変なことになります。

さらにはバイパスを降りた後に、私道で道路が入り組んでいることもあり、新潟県での転職では、企業の場所の下調べは必須だといえます。

焦って条件の悪い企業に入社してしまう事も

そして最後に気を付けたいのは、焦ると条件の悪い企業に入社する可能性があること。

というのも、新潟は東京などの首都圏と比べると、求職数が少ないため、なかなか転職が決まらずに長期化することもあります。

ただ、そういう時こそ焦らずに、企業をしっかり見極めつつ、自分のことも見直してみましょう。

企業からの不採用通知は、あなた自身を「ダメ」だと言っているわけではなく、働く前にミスマッチを見つけてもらったようなもの。

ここで焦ってしまうと、納得できないまま転職することになってしまったり、「転職しない方が良かった」「前の会社に戻りたい」なんてことにも、なりかねません。

新潟県で転職するなら
転職サイトおすすめランキング

もくじに戻る▲

新潟県で転職におすすめのアプローチ【年代別】

新潟県で転職におすすめのアプローチ【年代別】

ではここからは、新潟で転職するための、おすすめのアプローチを年代別にご紹介します。

20代~60代まで幅広く紹介しますので、自分に当てはまる年代をチェックしてみてください。

20代

20代で転職を考えている方は、以下のアプローチ方法をオススメします。

  • 経験やスキルのある求人以外にも、未経験職種にもチャレンジは十分可能
  • 長く続けてスキルがつきそうな職種(プログラマーなど)は20代で挑戦

ただし20代といっても、20代前半か20代後半かでも、実は企業側では扱いが分かれますので、詳しく見ていきましょう。

20代前半

20代前半は、実は「第二新卒」や「新卒枠」としての採用、いわゆる「ポテンシャル採用」になることがあります。

そのため、他の年代よりも未経験の職種・業種であっても、チャレンジしやすいわけです。

ここまでの前職以外に、自分が「やりたい」という強い熱意がある職種や業種があれば、この年代のうちに挑戦しておきましょう。

ちなみにプログラマーやエンジニアのような、長い目で見て「若いうちから経験を積んだ方が有利」な仕事は、20代で挑戦するのがベストですよ。

20代後半

20代後半に入ると、まだまだ「ポテンシャル採用」もありますが、経歴やスキルが少しずつ問われ始めます。

ただ20代後半であれば、「専門的なスキル」がついていることを、企業側はそれほど期待していません。

そのため、社会人経験を経て何を得たのか、という部分が大きなポイントとなることが。

そこで面接では、
「長く働けるか?」
「ここから成長する見込みがあるのか?」
を見せていけると、採用に繋がる確率が高くなります。

30代

30代で転職を考えている方は、以下のアプローチ方法をオススメします。

  • 経験した職種や業種で能力を生かし、「即戦力」になれそうな求人を探す
  • 能力の「裏付け」となる資格もアピールポイントに

30歳以上に入ってくると、20代とは違って、「30代前半」と「30代後半」で大きな差が出づらくなってきます。

というのも20代とは違い、30歳は大卒であっても、社会人経験が10年に近づいてくるからです。

その分、「経験」が問われてくるため、「即戦力」であることが重要になります。

そこで、求人は経験のある職種を探す方がオススメですし、資格があればアピールポイントになります。

ただ、どうしても未経験の職種・業種にチャレンジしたい場合は、長期化を覚悟しつつ、その求人に関連する資格をとってみるものひとつの手。

また、30代後半「職種」ではなく「業種」を変える方法に、シフトチェンジしてみましょう。

40代

40代で転職を考えている方は、以下のアプローチ方法をオススメします。

  • これまでの経験を活かせる求人を探す
  • 未経験であれば介護や営業がオススメだが、必要な資格などを確認すること

現在の転職事情としては、40歳以上の転職は少々厳しいのが現状です。

ただし、「厳しい」だけで、「できない」というわけではありません。

まずこれまでの経験があるのなら、それを活かすのが最もオススメ。

社歴の浅い企業や、新潟にも多い中小企業に関しては、逆に40歳以上の「管理部門も出来る人材」を求めている場合もあります。

もし未経験の場合は、人材不足の介護や、業種を問わず営業などが、転職しやすい傾向にあります。

その場合は、必要な資格などがないかどうか、補助が受けれるかどうかなど、十分に確認していきましょう。

また、新潟では施工管理に関しても、年齢不問で未経験歓迎な求人が出ていますので、根気よく探してみてくださいね。

50代

50代で転職を考えている方は、以下のアプローチ方法をオススメします。

  • 求人では、介護職や営業などが狙い目
  • 長期化を覚悟しつつ、「責任感」と「モラル」をアピール

50歳以上になると、40代よりも求人が少なくなるのは確かです。

ただもし、専門の知識や経験があるようでしたら、企業側は「専門性の高さ」を期待し、「若い世代への指導」も視野に入れて、50代への求人を出すことがあります。

この求人は、見逃さずにチェックしましょう!

もし未経験であれば、介護や営業などの職種・業種がオススメです。

ちなみに正社員にこだわらなければ、かなり求人の幅が広がるので、そちらも合わせて見てみるといいでしょう。

そして50代の「責任感の強さ」や「モラルの高さ」は、転職の際に武器になります。

選考では、そういった面に関してもアピールしていけるといいですね。

60代

60代で転職を考えている方は、以下のアプローチ方法をオススメします。

  • 警備や介護、施工管理などに仕事はあり
  • 自分の体力などとも相談して決めること

60歳以上となると、「長く働く」ことが難しいと捉えられてしまうので、正社員での雇用は少々厳しくなります。

ただし、専門的な知識や資格などを持っていた場合であれば、「管理部門」や「指導係」として、採用枠が出てくる可能性があります。

数は少ないですが、新潟県では警備や介護、施工管理など、60代でも応募が可能であったり、未経験可・祝い金ありという求人も存在します。

ですが、体を壊しては元も子もありませんので、ご自分の体とも相談しながら仕事内容を精査し、求人に応募していきましょう。

新潟県で転職するなら
転職サイトおすすめランキング

もくじに戻る▲

転職サイト・転職エージェントを利用すべき理由

転職サイト・転職エージェントを利用すべき理由

新潟で転職するときには、転職サイトや転職エージェントを利用するのが圧倒的におすすめです。

なぜなら、働きながらの転職は、ハローワークではカバーしきれない面が数多くあるからです。

そして特に使うべき理由は、以下の5つです。

順番に詳しく見ていきましょう。

新潟県の転職におけるノウハウを教えてもらえる

新潟県での転職活動を有利にするためにはどうしたらいいのか、悩みますよね?

実はそのノウハウを、転職エージェントや転職サイトから、教えてもらうことが出来ます。

というのも転職エージェントなどは、他の転職者の莫大な活動データを持っており、「新潟県での転職」に特化したノウハウもバッチリ持っています。

また「新潟への転職」に限らず、転職活動をする上での不安や悩みごとも、転職エージェントが調べれば、すぐに解決することができます。

新潟県の非公開求人を紹介してもらえる

また、新潟県の非公開求人を紹介してもらえるのも、転職エージェントなどを使うメリットとしてあげられます。

ちなみに非公開求人には、
「求人広告の掲載が待てないほど、急募の企業」
「人気すぎて、公開求人では対応できない企業」
など、求職者としてはメリットの多い求人が多数!

こうした人気の求人は、転職サイトや転職エージェントを利用しないと紹介してもらえないので、転職を考えたら登録だけでもしてみた方がいいでしょう。

年収など、企業との面倒な交渉を代行してもらえる

転職エージェント」を利用すると、自分ではちょっとしづらい、給与交渉や年収交渉を代行してくれます。

ちなみに給与関係以外でも、条件交渉や入社日の調整など、企業との交渉事を代行してくれるので、面接前後に余計な緊張や気遣いをしなくてもよくなりますね。

また、内定辞退や退職日のサポートなどに関しても、転職エージェントが間に入ってくれます。

働きながらの転職をサポートしてくれる

働きながらの転職は、かなり力を使うもの。そんな時、転職エージェントはしっかりとサポートしてくれます。

なかでもありがたいのは、
「土日も対応してくれること」
「すぐに返信が来ること」
などの、年中無休なサポート体制!

働きながらだとハローワークは時間が合わないことも多いですし、求人を探すのだけでも一苦労。

そのため、こういったサポートを上手く利用し、時間を友好的に使うのが、転職を成功させるカギになります。

プロの目線で受かる面接対策をしてもらえる

転職サイトや転職エージェントにいるのは、いわば「転職のプロ」。

そんな人たちから面接対策を受けれるとなれば、転職活動や有利に進むこと間違いなしです。

また、特に転職エージェントでは、過去のデータから企業別に面接の質問集などを作っている場合もあり、 かなり実戦的な面接対策が受けられます。

新潟に何度も出るのは費用的にも時間的にも、かなりつらいものになります。

少ない面接回数で決められるよう、プロのサポートも上手く利用し、成功へつなげていきましょう。

新潟県で転職するなら
転職サイトおすすめランキング

もくじに戻る▲

新潟県で転職におすすめの転職サイト・エージェント【登録必須】

新潟県で転職におすすめの転職サイト・エージェント【登録必須】

ここでは、新潟県で転職活動をする際におすすめしたい、転職サイト・エージェントを紹介します。

リクルートエージェント|業界最大級の非公開求人数!

数ある転職サイトや転職エージェントのサイトの中でも、求人数が最多なのがリクルートエージェントです。

全国の求人数は約28万件、
公開求人だけでなく、非公開求人も多く、他の転職サイトでは見つけられない求人も多くあります。

リクルートエージェントでは専門コンサルタントがおり、
・面接対策
・退職アフターフォロー
など、転職活動のサポートが受けられます。

残業が少なめの仕事や、外資系企業など、自分では探しにくい求人も探しやすいのも魅力です。

言い出しづらい年収や仕事の条件、入社日程などの交渉も行ってくれるため、利用者も多いです。

1度に紹介される求人数が多いので、色々な求人を比べたいという人にも使いやすいサイトになります。

DODA(デューダ)|業界最大級、20代30代なら登録必須!

DODA(デューダ)は、求人数の多く、20代や30代の転職に強い点が魅力です。

年収や休み、ボーナス、研修制度など、働きたい制度に合わせて求人を選ぶことができます。

また、Yahoo!JapanやAmazon、Beneseなど大手企業の求人を紹介して貰える点も大きいです。

検索条件を細かく設定できるので、なりたい職種や転職条件を細かく決めている人におすすめの転職サイトです。

エージェントサービス、スカウトサービスなど、転職のサポートも行ってくれます。

サイトでは、転職エピソードや転職ノウハウの確認もでき、初めて転職をする人にもおすすめです。

未経験や研修制度のある求人が多いので、20代~30代の人は登録しておいて損はありません。

ビズリーチ|ハイクラス転職に特化!非公開求人やポジションが多数!

ビズリーチは、年収600万以上の人に多く利用されている転職サービスです。

特殊な資格を持っている人や、高収入の求人を探している人に特におすすめです。

35歳以上は850万円~、40歳以上は900万円と、高い平均年収の求人が掲載されています。

また、スカウト機能があり、自分の市場価値を知れるので30代以上は、登録しておくと便利です。

登録しておくだけで、スカウトが届くのですぐに転職を考えてなくても、登録している人も多いです。

パソナキャリア|サポート充実で満足度No.1!第二新卒・女性の転職にも◎

2020年のオリコン顧客満足度調査の転職エージェント部門で、ランキング1位を獲得したサイトです。

25万人の転職を手がけたノウハウから、転職活動をサポートしてくれるサービスが人気です。

求人件数は、約5000件以上になっていて他のサイトと同じく、非公開求人も多く掲載されています。

転職エージェントサービス、スカウトサービス、キャリアアドバイザーの紹介などのサービスも受けられます。

簡単に申し込みや登録ができるので、他のサイトと合わせて登録するのもおすすめです。

過去には、TOYOTAやKONAMI、SBIなど大手企業の求人紹介も手がけています。

第二新卒や女性の転職活動にも特化しており、IT業界系の求人が多いのも特徴です。

キャリアアドバイザーも女性が多いです。

マイナビエージェント|20代におすすめの1社

株式会社マイナビが運営している転職サイトで、20代の転職にも特化しています。

IT系技術職や金融系、営業職の3つの職種に特に特化しており、新潟県の求人も掲載されています。

求人票だけでは、伝わりにくい情報も多く掲載されており、入社後の手順や採用のポイントなどの確認が可能です。

また、非公開求人が多く、マイナビエージェント独占求人も多く掲載されています。

転職のプロが常にいるので、転職活動のサポート、面接の手続き、退職のサポートなどが無料で受けられます。

10年後までを見据えたキャリアのアドバイスが受けられたり、市場価値を見直せる点も良いサイトです。

JACリクルートメント|年収600万円以上限定、30代~50代におすすめ!

高年収求人が多く、外資系企業やコンサル、専門職の求人を多く掲載している転職サイトです。

年収600万円~2000万円など、年収アップやキャリアアップを目指している人におすすめです。

20代や第二新卒よりは、30代~40代などの経歴や専門職を中心に転職活動したい場合におすすめです。

応募先の企業に合わせて丁寧なアドバイスが貰えたり、企業側からスカウトを貰える機会も多いです。

電話にて面談も行ってくれるサービスもあり、新潟県への移住を考えている人にも嬉しいサービスが揃っています。

また、内定や入社日の調整、アフターフォローのサービスも利用できます。

Type女性の転職エージェント | 女性の転職に特化している

女性に人気が高い事務職を中心にした求人が掲載されている転職エージェントサイトです。

専任のキャリアアドバイザーが個別カウンセリングを手がけてくれて、ぴったりの求人を探してくれます。

また、書類選考や面接日の調整、経歴書の添削なども受けることができるサービスも人気です。

過去には、MUFG三菱UFJ銀行、LINE、Benesseなどの大手企業の紹介も手がけています。

20代~30代の正社員の転職支援に特化しており、新潟県の求人も掲載されています。

女性の転職ならではの悩みもサポートしてくれるので、おすすめの転職エージェントサイトです。

もくじに戻る▲

【図解】転職サイト・エージェント利用の手順/流れ

【図解】転職サイト・エージェント利用の手順/流れ

ここでは、転職サイトやエージェントを利用する手順・流れを説明します。

具体的には以下の通りです。

詳しく、順番に見ていきます。

手順1.まずは公式ページから登録する

まずは転職エージェントの公式サイトから、会員登録の申し込みをします。

名前や性別などの基本情報や、希望する勤務地や転職希望時期、現在の職歴などを入力していきます。

料金は一切かからないので、安心して登録しましょう。

手順2.担当コンサルタントから連絡が来る(オファー)

その後、登録が完了したことを知らせる連絡が、担当のコンサルタントから大体数日以内に届きます。

面談日や面談場所の日程調整を行いますが、電話での面談も可能です。

面談では、担当コンサルタントと、希望している職種や業界などのすり合わせを行っていきます。

手順3.キャリアカウンセリング

次の段階として、今度は自分のキャリアに関しての、カウンセリングサービスを受けることが出来ます。

手順2で面談の日程を調節した場合は、直接会ってカウンセリングを受けることも可能です。

この段階では、応募に向けて自分の書類を添削してもらったり、就職活動に関しての悩みなどを話すことができます。

「新潟に就職したい理由」や「自己分析」に自信がない場合は、コンサルタントと一緒に考えると良いです。

ちなみにコンサルタントも人間なので、相性があります。

そのため、いくつかのエージェントを併用することをオススメします。

手順4.求人紹介を受ける

こうした面談結果をもとに、希望に沿った求人が紹介されます。

その求人の中から、自分の希望のものを選ぶことになります。

ちなみに転職サイトであれば、自分で希望する求人を選びつつ、「スカウト」機能などがあれば、企業側からの直接の連絡を待つ形に。

どちらの方が自分にあった活動スタイルなのか、この段階で判断するといいかもしれませんね。

手順5.履歴書・職務経歴書の添削

求人の中で受けたいと思う企業があった場合、次に行うべきは、履歴書や職務経歴書などの作成と、その添削を受けることです。

転職エージェントを利用すると、必要書類の作成サポートや添削を受けることができます。

企業研究を念入りに行い、応募企業の実情を理解した上で志望動機を書けると、採用率は大幅に上がります。

コンサルタントにも協力してもらい、応募企業への理解を深めておきましょう。

手順6.紹介された求人に応募する

実際に求人へ応募していきます。

この時点で担当者が書いた推薦文を一度確認させてもらい、ここから先にある面接で、ズレがないようにしておくのがオススメです。

応募した企業とのやり取りは、コンサルタントに任せておけるので、非常に楽です。

そのため、こちらは面接や書類の準備に専念できます。

手順7.面接対策を受ける

書類を送った後は、担当のコンサルタントから面接の対策をしてもらえます。

転職でも、新卒同様に面接がかなり重要になってきますので、しっかりと対策をとっておきましょう。

この面接対策は、転職エージェントがしっかりとサポートしてくれます。

多くの過去データをもっている転職エージェントであれば、かなり実戦的な面接対策が受けられますよ。

手順8.企業との面接を行う

書類選考が通った後は、ついに企業に訪れての面接になります。

ここで、交通費の費用などに関して不安があれば、エージェントを通して確認しておきましょう。

そのほか、面接日や時間の調整は、担当のコンサルタントが交渉してくれますので、安心して任せてください。

面接の際、企業の場所はしっかりと確認し、当日は遅刻しないように向かってくださいね!

手順9.内定と退職サポート

そして、面接に合格できれば内定です。

もし不採用だった場合には、コンサルタントと今後の方向性を相談をしていく形になります。

もし内定が決まった場合は、今度は退職の手続きに入ります。

その際、前の会社に引き留められて、なかなかうまく辞められなかったり、なにか問題が発生したりした場合も、コンサルタントが間に入って、しっかりとサポートしてくれます。

ちなみに、内定辞退も転職エージェントを通して行えます。

手順10.入社

そして退職などの手続きが終われば、ついに入社となります。

ちなみに入社日の調整も、担当コンサルタントが間に入って行ってくれますので、安心してください。

また、「年収」「入社日」「福利厚生」など、
入社前に確認しておきたいことがあれば、こちらも担当コンサルタントが事前交渉してくれます。

実際に働き出す前にここで不安を取り除き、「満足いく転職」として締めくくってください。

新潟県で転職するなら
転職サイトおすすめランキング

もくじに戻る▲

転職サイト・エージェントを効果的に利用する方法

転職サイト・エージェントを効果的に利用する方法

ここからは、転職サイトや転職エージェントを効果的に利用する方法をお知らせします。

ポイントとしては、以下の5つです。

ポイント1.1社ではなく複数登録がおすすめ

まず第一に、転職サイトやエージェントは、複数併用すべきです。

なぜなら、転職エージェントごとにそれぞれ「強み」持っており、良いとこどりをしたほうが、転職がうまく行きやすいからです。

さらには、転職サイトやエージェントごとに、持っている求人の内容も異なります。

就職してから「あの企業が良かった…」なんてことにならないよう、情報を幅広く見て、検討するのがいいでしょう。

ポイント2.遠慮せずに要望はどんどん言う

そして、せっかく転職エージェントを使うのなら、遠慮せずに要望はどんどん言うのがベストです。

というのも、忙しさにかまけて「コンサルタントに任せきり」にしていると、急にぱったりと連絡がこなくなったりします。

それは、あなたが「すぐに転職する気がない」「転職意欲を感じない」と判断されて、後回しにされてしまったから。

そんなときは遠慮はせず、自分の要望はどんどん伝えていきましょう。「思っていたのと違った!」と思ったら、それをありのままに伝えて大丈夫です。

そうすることでミスマッチも減り、希望の求人に出逢える可能性がグンとあがりますよ。

ポイント3.転職時期は最短可能日程で答える

転職エージェントなどを利用するうえで、「転職時期を最短可能日程で伝える」のは、実はとても重要なことです。

というのも、「転職を急いでいない」人であればあるほど、コンサルタントのなかで「後回し」にされてしまうことが多く、求人をなかなか紹介してもらえません。

そうなると、なかなか転職が出来ず、時間だけが過ぎていくような状況になり、コンサルタントに不満だけが募る形に。

そうならないように、「できるだけ早く転職したい」という意思をコンサルタントに見せておきましょう。

そうすれば、求人が優先的に回ってきて、結果的に効率よく転職することができます。

ポイント4.担当コンサルタントをシビアな目でみる

そして、企業との交渉を任せるコンサルタントには、シビアな目を向けるのも重要です。

口コミサイトや体験談などで、「転職エージェントのコンサルタントには、かなりばらつきがある」というのを、見かけたことがありませんか?

というのも、質の高いコンサルタントがいる一方で、なかには連絡が遅れたり、返さなかったり等、信用できない人間がいるのも事実なのです。

そのため、安心して任せられるのか、少々シビアな目で見ることも大切。

特に企業に渡す推薦文などは、担当者の仕事ぶり表す最たるものですので、面接対策も兼ねて必ずチェックするようにしましょう。

ただどうしても相性が合わない場合は、担当を変更してもらうことも可能。

ちなみに担当変更は、意外にもよくあるそうなので、あまり気に病みすぎないようにしてくださいね。

ポイント5.同じ案件に複数の転職サービスから応募しない

最後に、同じ求人に対して、複数の転職サービスから応募しないことも、気を付けておきましょう。

「どうしても受かりたい企業には、いろんなところから複数応募した方が…」と思うのかもしれませんが、転職は懸賞とは違います。

もし複数応募が来た場合、企業側から「他の転職サービスから連絡が来た」と担当に間違いなく、確認の連絡がいきます。

すると、担当コンサルタントからはもちろん、企業側からも「応募先が管理出来ていないのかな…?」と不信感を抱かれてしまう可能性があり、転職に不利になってしまうのです。

最悪うまくいっていた選考が、破談になってしまうことも。

こういったことにならないよう、
「どのサービスから、どの企業に応募したのか?」
「どのくらい選考が進んでいるのか?」
をそれぞれ把握しておくようにしておきましょう。

新潟県で転職するなら
転職サイトおすすめランキング

もくじに戻る▲

新潟県で働きたいフリーター・ニート・第二新卒・既卒におすすめの支援サービス

新潟県で働きたいフリーター・ニート・第二新卒・既卒におすすめの支援サービス

ここでは、正社員に就いたことがないフリーターや、ニート、新卒で就職できなかった既卒を支援してくれるサービスを紹介します。

新潟県で働きたいと強い思いがある人もサポートしてくれるので、是非利用してみてください。

DYM就職|最短1週間でフリーターから正社員へ!

DYM就職は、第二新卒・既卒・フリーターでも正社員を目指すことができる転職エージェントです。

履歴書に空白期間があったとしても採用してくれる企業が多く、すぐに面接が受けられる点も魅力です。

他の転職サイトや転職エージェントは、書類選考が多いですが、書類選考の免除がありすぐに面接が受けられます。

中小企業を主に受けたい方、空白期間があって悩んでいる人は、利用するのがおすすめです。

他の転職サイトや転職エージェントと同じように、職種やエリア、業種選択の求人が探せます。

新潟県で、就職したい!という人にも使えます。

JAIC(ジェイック)|定着率94.3%!フリーター・ニート・大学中退・既卒に特化した就職支援サービス

JAIC(ジェイック)は、フリーターや既卒、第二新卒、高卒、大学中退など、理由があり転職活動に悩んでいる人を支援してくれるサービスです。

17歳から34歳への若手の中途採用や、女性採用支援など、多くの支援が受けられるので、転職に不安を抱えている人にも使いやすいです。

マッチング求人サイトが利用できたり、WEBで面談サービスができたりと、地方でも利用できる制度も使えます。

担当コンサルタントへ直接LINEで相談ができたり、転職のノウハウも確認できます。

一人で転職活動に不安を抱えている方に寄り添ってくれるサービスで、定着率も94.3%と信頼の高い転職エージェントです。

もくじに戻る▲

新潟県で転職まとめ

新潟県で転職まとめ

まとめると、新潟県での転職の際は、
地元情報誌やハローワークを利用するのではなく、
転職サイトやエージェントを複数利用するのがベストだとわかりました!

転職サイトやエージェントは、
地元情報誌やハローワークにはない非公開求人を紹介してもらえます。

また、ハローワークは営業日や営業時間が限定されるため、土日休みの会社員とは時間が合いません。

その点、転職サイトやエージェントは、転職のプロが土日関係なく、サポートしてくれます。

新潟など地方での転職は厳しい印象が強いですが、
転職サイトやエージェントを利用することで、かなり有利にすすめられます。

新潟での転職が後悔のないものになるよう、よく考えながら進めていってくださいね!

新潟県で転職するなら
転職サイトおすすめランキング

もくじに戻る▲

求人数業界No.1の転職エージェント!
面接対策サポートから、言い出しづらい「年収」「条件」「入社日程」などの交渉もお任せ!
リクルートエージェント無料登録はコチラ
求人数、業界No.1
面接対策サポートから、言い出しづらい「年収/条件/入社日程」などの交渉もお任せ!
リクルートエージェント無料登録はコチラ
タイトルとURLをコピーしました