【宮城県】転職市場の動向、暮らす魅力、おすすめ転職サイト

【宮城県でおすすめの転職サイト5選】後悔する前に!理想の求人情報を探すコツ

この記事では、宮城県で転職する際のポイントや注意点について解説していきます。

・宮城県の転職市場の動向
・宮城県で暮らす魅力
・宮城県で転職するポイント
・宮城県で転職する際の注意点

といった点にお答えしていきます。

宮城県は東北を代表する県として、交通の便が良く、自然も豊かで住みやすい場所です。

「平均年収」や「有効求人倍率」も全国平均を上回っているので、転職や移住にも向いています。

そんな宮城県で転職するなら、転職サイトの利用がおすすめです。

転職サイトなら、ハローワークや地元求人誌で探すよりも求人数が多く、一般的に公開されていない非公開求人も見ることができるからです。

また、転職のプロから
「履歴書や職務経歴書の書き方」
「面接サポート」
「相手先の企業との面倒な交渉の代行」
など、ハローワークでは受けられない充実サポートを受ける
ことができます。

「初めての転職活動が不安な人」「宮城県で転職を成功させたい人」は、是非利用してみてください。

 


宮城県で転職におすすめのサイトこちら

宮城県の転職市場の動向

宮城県の転職市場の動向

まず、宮城県の転職市場の動向をご紹介します。

宮城県の特徴

宮城県は、農業や水産業などが中心となる第一次産業や、運輸や通信業などの第三次産業の割合が全国平均よりも高いことが特徴です。

第一次産業はやはり「ひとめぼれ」や「宮城県のコシヒカリ」、「ササニシキ」などの代表的なブランドを持つ米が有名です。

このように第一次産業を先頭に、第三次産業とともに盛んな点が特徴です。

宮城県の仕事事情

次は、宮城県の仕事事情です。

宮城県は2011年の東日本大震災で大きな影響を受けた県でもありますが、9年という月日を経て、経済的にも活気を取り戻しています。

宮城県の県庁所在地である仙台は、ピーチジョンや平禄寿司などが発祥の地でもあります。

地元民は東京などに就職・転職するケースも多いので、他県から宮城県への転職は働き口も広くなっています。

宮城県の平均年収

2019年(令和元年)の宮城県の平均年収は373万円でした。

内訳ですが、男性は413万円、女性は312万円となっています。

出典:【47都道府県】平均年収ランキング 最新版

仙台などの中心地はあらゆる企業で盛り上がっていることもあり、東北地方の中でもかなり上位の平均年収となっています。

宮城県の産業

宮城県は、第一産業の農業や酪農が非常に盛んな県です。

中でもお米、仙台を代表する「仙台牛」「仙台いちご」が代表的です。

他にも、パプリカや大豆の生産量が全国トップレベルな点も、魅力でしょう。

第一産業の中で、一番の生産量割合を占めるのが酪農、その次がお米、野菜となっています。

宮城県の有効求人倍率

宮城県の有効求人倍率は1.61倍で、全国平均の1.57倍より少し高くなっているのが特徴です。

○ 有効求人倍率(季節調整値)は1.61倍で、前月を0.01ポイント上回った。

出典:厚生労働省(宮城労働局)

ちなみに、他の東北地方と比較しても、圧倒的に高い倍率となっているので、スキルや経験次第では、宮城県への転職はそれほど難しくはないといえます。

宮城県で転職するなら
転職サイトおすすめランキング

もくじに戻る▲

宮城県の求人情報【正社員】

宮城県の求人情報【正社員】

ここでは宮城県の求人情報について紹介します。

未経験OKの求人も多い

宮城県の求人には、未経験OKの求人も多いため、転職時に全く新しい職につくことも不可能ではありません。

他にも中堅層の求人も多いため、転職にはもってこいの求人状況と言えます。

地域ならではの求人も存在

宮城県の求人は、地域ならではの求人も数多くあります。

地域ならではの求人とは、銀行などの金融機関や不動産業などです。

宮城県仙台市の代表的な銀行である「七十七銀行」を始め、金融業の求人も充実しているのが特徴です。

また東京オリンピックの開催に伴い、建設業関連の働き手が東京に流れてしまったこともあり、建設・製造業も働き口は広くなっています。

働きやすい福利厚生が充実の求人

宮城県では個人だけでなく、その家族も対象となる福利厚生が多く、出産や災害時の手当はもちろん、退職金や健康診断等の手当もしっかりしています。

一般企業だけでなく、公務員の福利厚生も充実しているので、どんな職業でもこの点については問題ないでしょう。

高年収の求人

宮城県の求人には高年収なものが多く、高収入で高待遇な求人も少なくありません。

もちろんそれだけ責任やスキルが伴いますが、特に仙台市では700万〜1,000万円の求人も多く存在します。

宮城県で転職するなら
転職サイトおすすめランキング

もくじに戻る▲

宮城県で暮らす魅力

宮城県で暮らす魅力

ここでは宮城県で暮らす魅力について紹介していきます。

豊富な食文化

まずは、宮城県の食文化です。

宮城県は仙台牛や、宮城を代表するお米が盛んに生産されていること以外にも、グルメな街として有名です。

仙台の牛タンや、宮城県周辺の海岸で採れる海鮮なども、宮城県を代表するグルメです。

このように観光地に行かずとも、あらゆるジャンルのグルメが楽しめる点が、1つ目の魅力です。

現地でしか見られない絶景の数々

宮城県にはグルメの他にも、現地でしか見られない絶景が魅力です。

特に、松島は日本三大絶景に指定されているほどです。

宮城県は農業や酪農が盛んなことから、豊かな自然も残っており、こちらも宮城県内で観光できます。

ゴスペルやクラシックが生活に根付いている

宮城県は、ゴスペルやクラシックが生活に根付いています。

特に、仙台市は音楽が盛んとも言われており、年間100公演を超える演奏会があったり、あらゆる音楽祭が各地で開催されています。

野外での音楽活動も盛んで、宮城県でゴスペルやクラシックを聞くことは珍しいことではありません。

アクセス環境が整っている

宮城県は東北新幹線が開通しており、仙台駅では全駅停車するため、東京へも約1時間半で行くことができ、アクセス環境が整っています。

交通網は新幹線だけでなく、鉄道やバスも整理されているので、車がなくても移動手段には困らないでしょう。

宮城県で転職するなら
転職サイトおすすめランキング

もくじに戻る▲

宮城県で働くメリット・デメリット

宮城県で働くメリット・デメリット

ここでは宮城県で働くメリット・デメリットを解説していきます。

宮城県で働くメリット

まずは、宮城県で働くメリットについて、以下の5つを詳しく紹介していきます。

年収を上げるチャンスがある

ます、宮城県への転職メリット1つ目は年収を上げるチャンスがあることです。

宮城県の平均年収は460万円と全国平均を上回っており、転職と同時に年収アップも十分に狙えます。

また求人の幅も広く、転職のチャンスも多くあるため、働くメリットとしては大きいでしょう。

求人数が圧倒的に多い

2つ目のメリットは求人数が圧倒的に多い点です。

未経験OKの求人や、高年収の求人など、転職活動中の人であれば、あらゆる選択肢の中から自分に合ったものが選べるくらい、求人数が多いです。

もちろん今までのスキルを生かして管理職への転職も可能ですし、新しい職業に挑戦する機会も、宮城県の求人であれば叶います。

求人数の多さは、転職活動中の人にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

生活費が安いため支出が少ない

3つ目のメリットは生活費が安いため支出が少ない点です。

宮城県は年収が全国平均を上回るのに対し、生活費が安く支出が低いのが特徴です。

東京や大阪であれば、年収が上がると同時に物価も高く生活費も高いのが特徴ですが、宮城はそうではないので支出は少なく済みます。

家賃や最低限かかる生活費は比較的低いので、年収は高い上に生活費は低いのがメリットです。

交通機関の充実により通勤が楽

4つ目のメリットは交通機関の充実により通勤が楽な点です。

東京や大阪などの都心では、通勤ラッシュが当たり前であったり、往復2.3時間かかることも珍しくありません。

しかし宮城県は交通網の充実に合わせて、車で通勤する人も多いため、都市圏のような通勤ラッシュはありません。

転職後は環境の変化によるストレスが大きいため、通勤ラッシュがない点は宮城に転職するメリットと言えます。

Uターン・Iターン雇用が多い

5つ目のメリットはUターン・Iターン雇用が多い点です。

他県から宮城に転職する場合は「Iターン」に該当しますが、出身地が宮城県でない人も温かく迎え入れ、しっかりとした保証の元で雇用してくれます。

これは20代や30代に限らず、40代・50代、60代などのシルバー層への支援も積極的に行われています。

またこういった取り組みは宮城県全体で行われているので、仙台などの中心地でなくとも求人は多くあります。

宮城県で働くデメリット

次は宮城県で働くデメリットについて紹介します。

転職活動を進めている人は、良い面だけでなく悪い面もしっかりと確認しておくことが大切です。

宮城県の風習に慣れる必要がある

1つ目のデメリットは、宮城県の風習に慣れる必要がある点です。

宮城の人は住居や企業内でコミュニティを大切にする県民性を持つため、町内会などへの参加が求められるケースがあります。

そのため「私は東京出身だから関係ない」という姿勢ではなく、宮城県で働くには、宮城県の風習に慣れるようにしましょう。

転職した企業内でコミュニティに参加することで、同僚や上司と馴染めるので、良い機会となること間違いなしです。

ハードワークの仕事は体調を崩す可能性がある

2つ目のデメリットは体調を崩す可能性についてです。

宮城県には高待遇な求人が多くありますが、そういった業種にはそれなりのスキルや責任が伴います。

そのため、急な環境の変化に合わせてハードな仕事を任されることにより、体調不良になる可能性があります。

転職が決まり仕事が始まった際には、しっかりとした栄養補給と十分な休養を取ることを忘れないようにしましょう。

企業側は転職者に大きな期待を抱いていますが、自分を追い込みすぎて体調を崩しては元も子もありません。

会社の期待に応えたいと思う気持ちと同様に、自分の体調面にも気を遣いましょう!

宮城県で転職するなら
転職サイトおすすめランキング

もくじに戻る▲

宮城県で転職を成功させるポイント

宮城県で転職を成功させるポイント

ここでは宮城県で転職を成功させるポイントとして、以下の7つを解説していきます。

転職活動は在職中に

1つ目のポイントですが、転職活動を在職中に行いましょう

これは大きく分けて「転職時の採用に響く点」と「金銭面」の2つ理由があります。

前者については転職活動を退職後に行うと、採用側には「職に就いていない人」として見られてしまいます。

後者については、事前に貯金をしていれば数ヶ月は持つかもしれませんが、転職活動はすぐに終わるものではなく、期間も予想が付きません。

こういった理由から、転職活動は在職中に進めるのがおすすめです。

金銭面で安定するのはもちろん、入社後に今まで培ったスキルが劣ることなく発揮できるので、採用側も離職中の人よりは前向きに見てくれます。

転職理由をきちんと整理する

2つ目のポイントは転職理由をきちんと整理するということです。

転職理由の整理は転職活動には必須で、
「転職しなくてもいいかもしれない。」
「今じゃなくてもいいかもしれない。」
という新しい見解が見えてくることもあります。

また転職理由を整理しておけば、転職活動時に志望動機などまとまった意見が導き出せます。

自己分析は徹底的に行う

3つ目のポイントは自己分析を徹底的に行うことです。

自己分析をしっかりと行えれば、自己PR時に自分のスキルや強みをアピールしやすくなります。

また採用側も、「自分の技量をしっかりと理解している」と認識するため、内定率も上がります。

意外にも自己分析を徹底していない転職活動者が多いので、この点は見落としのないように行いましょう。

面接を受ける企業のことは調べておく

4つ目のポイントは面接を受ける企業のことを調べておくことです。

これは転職に限らず、就職時にも経験することですが、転職時も同様に面接を受ける会社の研究は徹底的に行いましょう。

この項目を怠ると採用側は、「なぜうちを受けたのかわからないな」と志望動機から読み取ってしまいます。

そのため企業研究をしっかりと行い、「絶対にこの会社でなければだめなんです!」という気持ちを伝えられるような準備が必要です。

宮城県で働きたい理由を明確に

5つ目のポイントは宮城県で働きたい理由を明確にすることです。

前項とも少し重なる部分がありますが、「なぜ宮城県でなければだめなのか?」を明確にしておきましょう。

企業側は、転職者と同様のモチベーションで面接を行ってくれます。

そこで宮城でなければならない理由が曖昧だと、「なんで宮城県のうちに来たいのかわからない」となってしまいます。

宮城県で開催される転職フェア・イベントに参加する

6つ目のポイントは宮城県で開催される転職フェア・イベントに参加するということです。

転職者側からすると
「どういった町並みなのか?」
「企業の人に雰囲気はどうなのか?」
を面接前に感じられるので、面接本番の緊張緩和に役立ちます。

また企業側も地方から来ている人であれば、地元の人よりどういった人柄なのかなど、注意深く見る傾向にあります。

そのため、こういったイベントには積極的に参加するのがおすすめです。

転職サイトや転職エージェントを活用する

7つ目のポイントは転職エージェントを利用するということです。

転職サイトや転職エージェントを利用すると、自分では見つけられない求人に出会えたり、面接や履歴書の添削など万全のサポートを受けられます。

二人三脚で転職活動をサポートしてくれて、転職者自身がしづらい交渉や相談も代行してくれます。

そのため、転職時には転職サイトや転職エージェントの利用がおすすめです。

宮城県で転職するなら
転職サイトおすすめランキング

もくじに戻る▲

宮城県で転職する際の注意点

宮城県で転職する際の注意点

ここでは宮城県で転職する際の注意点について紹介していきます。

転職前の宮城県移住はNG!

転職前の宮城県移住はNGです。

現在の仕事を辞めて宮城県に移住してしまうと、金銭的にも不安定になります。

移住したけれど、転職がなかなか進まないこともあり、かなりリスクが高いので、転職前の移住は絶対にやめましょう。

空白職歴は面接でマイナス印象

空白職歴はどうしても面接でマイナス印象になっていまいます。

「空白職歴=仕事をしていない期間」として認識されることも少なくないので、どうしてもマイナスな印象を与えてしまいます。

もちろん、そういった面も考慮して面接してくれる企業もありますが、この点は空白にしないのがベターです。

空白職歴を作らないためにも、在職中に転職活動を行いましょう。

就職活動が長引くと金銭面で厳しい

就職活動が長引くと金銭面で厳しくなってきます。

これは退職した場合のことですが、今の仕事を辞めて転職活動に集中する場合は、仕事が無いので金銭的に厳しくなります。

両立がどうしても厳しいという方で、十分に貯金がある人であれば問題ないかもしれませんが、そうでない人であれば金銭面には細心の注意を払って活動しましょう。

社会的信用が無いと賃貸を断られる

社会的信用がないと賃貸を断られてしまいます。

これは1つ目の移住に重なる部分がありますが、離職中の人はマンションやアパートの賃貸時に断られる可能性が上がります。

アルバイトやフリーターでは、どうしても支払いが滞るのではないか、という目で見られてしまいます。

そのため社会的信用を失わないためにも、在職中に活動しましょう。

焦って条件の悪い企業に入社してしまう事も

焦って条件の悪い企業に入社してしまう事も注意が必要です。

転職活動の期間中は、「早く内定を取りたい」という気持ちで焦ってしまう人も多いです。

しかしだからといって、条件が悪い企業には入社しないように注意が必要です。

例えば「すぐ勤務開始していいよ」などと言ってくれる企業は、それだけ人材不足である可能性も高く、ブラック企業である可能性も決して低くありません。

そのため、たとえすぐ入れる企業が目の前にあっても、一旦落ち着いて、本当にここで良いのかを考えるようにしましょう。

宮城県で転職するなら
転職サイトおすすめランキング

もくじに戻る▲

宮城県で転職におすすめのアプローチ【年代別】

宮城県で転職におすすめのアプローチ【年代別】

ここでは、宮城県で転職におすすめのアプローチを紹介していきます。

アプローチ方法は20代、30代、40代、50代、60代に分けて詳しく解説します。

20代

20代は活気に溢れた年代で、企業側もやる気のある生きの良い若者を欲しがっています。

例えば、第一産業である農業や酪農、現在働き口が多い建築業などは体力が必要なので、20代のやる気がある若者は重宝されます。

そのため、「自分はこれだけのやる気があります!」というストロングポイントを全面的にアピールしましょう!

未経験OKの仕事も新しいことに挑戦できる年代なので、いろいろな仕事を探して見ることもおすすめです。

30代

30代は管理職に就いている人も多い年代であるため、転職時も高年収の求人に応募できるでしょう。

特に経験もそこそこあり、まだまだ新しいことを吸収できる年代として見られるので、難しい仕事も任せてもらえます。

そのため「スキルに自信がない」と後ろ向きになるのではなく、「私はこれだけの仕事をやってきたんだ」と自分の持つスキルをアピールしましょう。

40代

40代は20代・30代にない経験がある上に、仕事の上で培った高いスキルを持っています。

マニュアルからは学べない技能を持つため、そういった人材を必要とする企業も多くあります。

そのため、「若年層にはない判断力や効率の良さ」を武器にすると、内定をもらえる可能性もぐっと上がります。

50代

50代は今まで仕事で培った、高いマネジメント力を売りにできる年代です。

管理職を経験している人も、そうでない人も、他年代より遥かに現場をマネジメントする能力が高いのが特徴です。

そのため、今までの経験を売りにするのはもちろん、どういった功績を残してきたのかについても、しっかりアピールするようにしましょう。

「50代で取ってくれるところはない」などとネガティブな考えは捨てて、「この企業には私のような人材が必要です!」という意気で面接に臨みましょう。

60代

最後に、60代のアプローチについて紹介します。

60代はどの年代にもない「知恵」を持っているため、現職と同類の企業に転職する場合は、今までの経験や60代だからこそ持つ「知恵」を大いにアピールします。

新しい職業に転職する場合でも、宮城県はシルバー層への就職支援が充実しているので、転職エージェントや支援機関に行って相談してみましょう。

宮城県であれば、60代でも働き口はたくさんあるので、自分1人で活動するよりも、スムーズに転職するためにもこういったサービスの活用をおすすめします。

宮城県で転職するなら
転職サイトおすすめランキング

もくじに戻る▲

転職サイト・転職エージェントを利用すべき理由

転職サイト・転職エージェントを利用すべき理由

次に転職サイト・転職エージェントを利用すべき理由について紹介します。

宮城県の転職におけるノウハウを教えてもらえる

宮城県の転職におけるノウハウを教えてもらえます。

転職サイトや転職エージェントで働く人は、宮城県の転職に精通したプロたちです。

そのため、転職時に必要・使えるノウハウを教えてもらえます。

ノウハウを知っているのと知らないのでは、転職成功率も大幅に変わるので、かなり大きなサポートと言えます。

宮城県の非公開求人を紹介してもらえる

次の理由は、宮城県の非公開求人を紹介してもらえる点です。

宮城県に限らず、転職エージェントはその会社しか持っていない非公開求人を知っています。

そのため自分が調べても出てこない、高待遇な求人を持っていることが多くあります。

自分で調べた求人でいいなと思っても、転職エージェントに紹介された求人は、さらに良かったということもよくあります。

そこで、より自分に合った企業を探すためにも、転職エージェントの利用は欠かせません。

年収など、企業との面倒な交渉を代行してもらえる

次は、年収など企業との面倒な交渉をしてもらえるという点です。

転職者が企業へ直々に給与の交渉をするのは、なかなか難しいことではないでしょうか。

しかし転職サイトや転職エージェントを使えば、そういった面倒な交渉を全て代行してくれます。

より自分の希望を叶えるためにも、こういうサービスは利用しておくのが懸命です。

プロの目線で受かる面接対策をしてもらえる

最後はプロの目線で受かる面接練習をしてもらえる点です。

転職エージェントは転職のプロと言いましたが、面接対策も面接官と同様の目線で行ってくれます。

こちらからお願いすると、時間を作って練習してくれるエージェントもあり、面接練習は本番までに欠かせない準備の1つです。

1番大切な面接で失敗しないためにも、転職エージェントを利用し、一緒に練習することをおすすめします。

宮城県で転職するなら
転職サイトおすすめランキング

もくじに戻る▲

宮城県で転職におすすめの転職サイト・エージェント【登録必須】

宮城県で転職におすすめの転職サイト・エージェント【登録必須】

ここでは、宮城県で転職活動をする際におすすめしたい、転職サイト・エージェントを紹介します。

リクルートエージェント|業界最大級の非公開求人数!

数ある転職サイトや転職エージェントのサイトの中でも、求人数が最多なのがリクルートエージェントです。

全国の求人数は約28万件、
公開求人だけでなく、非公開求人も多く、他の転職サイトでは見つけられない求人も多くあります。

リクルートエージェントでは専門コンサルタントがおり、
・面接対策
・退職アフターフォロー
など、転職活動のサポートが受けられます。

残業が少なめの仕事や、外資系企業など、自分では探しにくい求人も探しやすいのも魅力です。

言い出しづらい年収や仕事の条件、入社日程などの交渉も行ってくれるため、利用者も多いです。

1度に紹介される求人数が多いので、色々な求人を比べたいという人にも使いやすいサイトになります。

DODA(デューダ)|業界最大級、20代30代なら登録必須!

DODA(デューダ)は、求人数の多く、20代や30代の転職に強い点が魅力です。

年収や休み、ボーナス、研修制度など、働きたい制度に合わせて求人を選ぶことができます。

また、Yahoo!JapanやAmazon、Beneseなど大手企業の求人を紹介して貰える点も大きいです。

検索条件を細かく設定できるので、なりたい職種や転職条件を細かく決めている人におすすめの転職サイトです。

エージェントサービス、スカウトサービスなど、転職のサポートも行ってくれます。

サイトでは、転職エピソードや転職ノウハウの確認もでき、初めて転職をする人にもおすすめです。

未経験や研修制度のある求人が多いので、20代~30代の人は登録しておいて損はありません。

ビズリーチ|ハイクラス転職に特化!非公開求人やポジションが多数!

ビズリーチは、年収600万以上の人に多く利用されている転職サービスです。

特殊な資格を持っている人や、高収入の求人を探している人に特におすすめです。

35歳以上は850万円~、40歳以上は900万円と、高い平均年収の求人が掲載されています。

また、スカウト機能があり、自分の市場価値を知れるので30代以上は、登録しておくと便利です。

登録しておくだけで、スカウトが届くのですぐに転職を考えてなくても、登録している人も多いです。

パソナキャリア|サポート充実で満足度No.1!第二新卒・女性の転職にも◎

2020年のオリコン顧客満足度調査の転職エージェント部門で、ランキング1位を獲得したサイトです。

25万人の転職を手がけたノウハウから、転職活動をサポートしてくれるサービスが人気です。

求人件数は、約5000件以上になっていて他のサイトと同じく、非公開求人も多く掲載されています。

転職エージェントサービス、スカウトサービス、キャリアアドバイザーの紹介などのサービスも受けられます。

簡単に申し込みや登録ができるので、他のサイトと合わせて登録するのもおすすめです。

過去には、TOYOTAやKONAMI、SBIなど大手企業の求人紹介も手がけています。

第二新卒や女性の転職活動にも特化しており、IT業界系の求人が多いのも特徴です。

キャリアアドバイザーも女性が多いです。

マイナビエージェント|20代におすすめの1社

株式会社マイナビが運営している転職サイトで、20代の転職にも特化しています。

IT系技術職や金融系、営業職の3つの職種に特に特化しており、宮城県の求人も掲載されています。

求人票だけでは、伝わりにくい情報も多く掲載されており、入社後の手順や採用のポイントなどの確認が可能です。

また、非公開求人が多く、マイナビエージェント独占求人も多く掲載されています。

転職のプロが常にいるので、転職活動のサポート、面接の手続き、退職のサポートなどが無料で受けられます。

10年後までを見据えたキャリアのアドバイスが受けられたり、市場価値を見直せる点も良いサイトです。

JACリクルートメント|年収600万円以上限定、30代~50代におすすめ!

高年収求人が多く、外資系企業やコンサル、専門職の求人を多く掲載している転職サイトです。

年収600万円~2000万円など、年収アップやキャリアアップを目指している人におすすめです。

20代や第二新卒よりは、30代~40代などの経歴や専門職を中心に転職活動したい場合におすすめです。

応募先の企業に合わせて丁寧なアドバイスが貰えたり、企業側からスカウトを貰える機会も多いです。

電話にて面談も行ってくれるサービスもあり、宮城県への移住を考えている人にも嬉しいサービスが揃っています。

また、内定や入社日の調整、アフターフォローのサービスも利用できます。

Type女性の転職エージェント | 女性の転職に特化している

女性に人気が高い事務職を中心にした求人が掲載されている転職エージェントサイトです。

専任のキャリアアドバイザーが個別カウンセリングを手がけてくれて、ぴったりの求人を探してくれます。

また、書類選考や面接日の調整、経歴書の添削なども受けることができるサービスも人気です。

過去には、MUFG三菱UFJ銀行、LINE、Benesseなどの大手企業の紹介も手がけています。

20代~30代の正社員の転職支援に特化しており、宮城県の求人も掲載されています。

女性の転職ならではの悩みもサポートしてくれるので、おすすめの転職エージェントサイトです。

もくじに戻る▲

【図解】転職サイト・エージェント利用の手順/流れ

【図解】転職サイト・エージェント利用の手順/流れ

ここでは、転職サイト・エージェントの利用の手順/流れを詳しく解説していきます。

手順1. まずは公式ページから登録する

まずは、転職サイト・エージェントの公式サイトから登録をします。

個人情報の入力などを済ませるだけなので、難しい作業ではありません。

しかし転職サービスだと思っていたら、「派遣サービス」だったという失敗もよくあるので、必ず利用前に「転職サービス」であることを確認しましょう。

手順2. 担当コンサルタントから連絡が来る

登録後2,3日すると、担当のコンサルタントから連絡が来ます。

そこで、今後の転職活動についての流れを確認されます。

いつまでに転職したいのか?
希望の職業は?
年収はいくらを希望するのか?
という、3点が主に聞かれる項目
です。

この確認が終わったら、次の項目であるキャリアカウンセリングの日程を決めます。

手順3. キャリアカウンセリング

次はキャリアカウンセリングです。

カウンセリングの場所は、エージェントの務めるオフィスに転職希望者が行く場合もあれば、コンサルタントと待ち合わせをして会う場合もあります。

これは初回面接とも呼ばれ、キャリアやPRポイントの整理、転職するべきか待つべきかなどを話し合います。

キャリアカウンセリングは、転職活動に必須な項目を話し合う場でもあり、自分では知らなかったPRポイントも見つけられたりします。

そのためキャンセルしたり、適当な態度で挑むのではなく、転職を成功させる第一歩として、しっかりコンサルタントと向き合いましょう。

手順4. 求人紹介を受ける

つづいて、求人紹介を受けます。

手順3.までの工程が終わると、コンサルタントは転職希望者にあった求人をいくつか紹介してくれます。

ここで非公開求人にも出会えるので、今まで見たことのない高待遇な求人も見つかるかもしれません。

手順5. 履歴書・職務経歴書の添削

次は履歴書・職務経歴書の添削です。

何度も言うようにコンサルタントは転職のプロなので、厳しい目で添削をしてくれます。

人によっては、転職希望者のために、完璧に仕上げられるまで何度も書き直しをしてくれる人もいます。

手順6. 紹介された求人に応募する

次は紹介された求人に応募します。

コンサルタントが何度も添削してくれた履歴書・職務経歴書に加えて、コンサルタントが推薦状を書いてくれます。

この推薦状はキャリアカウンセリングなどで知った、転職希望者の良さを書いてくれたものなので、面接時の強みになります。

手順7. 面接対策を受ける

次は面接対策を受けます。

コンサルタントは応募企業の面接傾向を熟知しているので、どういった質問をしてくるのかなどを転職希望者に教えてくれます。

コンサルタントとの面接練習を重ねて、本番に向けた万全の準備をしましょう。

手順8. 企業との面接を行う

次は企業との面接を行います。

面接日時の設定はコンサルタントが全て行ってくれるので、転職希望者は面接の練習に集中するだけで問題ありません。

万が一、面接でいい結果が得られなくても、コンサルタントがフィードバックを教えてくれるため、次の企業へ活用できます。

手順9. 内定と退職サポート

最後は内定と転職サポートについてです。

まず内定が出た場合は、コンサルタントが希望給与や入社日などの交渉を代行してくれます。

また現在の会社を退職する際も、コンサルタントがサポートしてくれるので、正しい手続き方法を教えてもらえます。

宮城県で転職するなら
転職サイトおすすめランキング

もくじに戻る▲

転職サイト・エージェントを効果的に利用する方法

転職サイト・エージェントを効果的に利用する方法

次は転職サイト・エージェントを効果的に利用する方法について紹介していきます。

ポイント1. 1社ではなく複数登録がおすすめ

転職サイト・エージェントを利用する際は、1社だけでなく複数のサービスを利用するのがおすすめです。

特にその土地に詳しい転職サービスをいくつか調べて、任せられると思ったものをいくつか登録しておくようにしましょう。

ポイント2. 遠慮せずに要望はどんどん言う

2つ目のポイントは、遠慮せずに要望はどんどん言うことです。

コンサルタントは転職希望者の活動を、全力でサポートしてくれる存在であり、100%の労力をかけています。

ベストな転職先を見つけるためにも、遠慮せず、希望をすべて伝えましょう。

ポイント3. 転職時期は最短可能日程で答える

3つ目のポイントは、転職時期は最短可能日程で答えるという点です。

コンサルタントに転職時期を聞かれた際、最短可能日程を伝えることをおすすめします。

コンサルタントは自分以外にも、転職希望者をサポートしている可能性が高く、このように言っておくことで、良い企業への応募を後押ししてくれます。

優先順位を上げてもらうことで、より優良な企業への転職が実現できるので、転職時期は最短可能日程で答えるようにしましょう。

ポイント4. 担当コンサルタントをシビアな目でみる

4つ目のポイントは、担当コンサルタントをシビアな目で見るという点です。

コンサルタントは転職活動をサポートしてくれる存在ですが、自分のキャリアアップの鍵を握る存在でもあります。

そのため相性が合わないと感じたり、知識不足だと感じたら、コンサルタントを変えてもらうようにしましょう。

コンサルトを変えてもらいたい場合は、「一度他のコンサルタントとも話してみたい」という内容のメールを担当に送ると変えてもらえます。

ポイント5. 同じ案件に複数の転職サービスから応募しない

5つ目のポイントは、同じ案件に複数の転職サービスから応募しないという点です。

企業側からすると、転職希望者のことは履歴書を見ればわかりますし、不信感を抱く要因となります。

転職サービスは複数利用するのがおすすめですが、同じ企業に異なったサービスから応募しないように注意が必要です。

こういったトラブルに発展しないためにも、自分がどの企業に応募したのかは、覚えておくようにしましょう。

宮城県で転職するなら
転職サイトおすすめランキング

もくじに戻る▲

宮城県で働きたいフリーター・ニート・第二新卒・既卒におすすめの支援サービス

宮城県で働きたいフリーター・ニート・第二新卒・既卒におすすめの支援サービス

ここでは、正社員に就いたことがないフリーターや、ニート、新卒で就職できなかった既卒を支援してくれるサービスを紹介します。

宮城県で働きたいと強い思いがある人もサポートしてくれるので、是非利用してみてください。

DYM就職|最短1週間でフリーターから正社員へ!

DYM就職は、第二新卒・既卒・フリーターでも正社員を目指すことができる転職エージェントです。

履歴書に空白期間があったとしても採用してくれる企業が多く、すぐに面接が受けられる点も魅力です。

他の転職サイトや転職エージェントは、書類選考が多いですが、書類選考の免除がありすぐに面接が受けられます。

中小企業を主に受けたい方、空白期間があって悩んでいる人は、利用するのがおすすめです。

他の転職サイトや転職エージェントと同じように、職種やエリア、業種選択の求人が探せます。

宮城県で、就職したい!という人にも使えます。

JAIC(ジェイック)|定着率94.3%!フリーター・ニート・大学中退・既卒に特化した就職支援サービス

JAIC(ジェイック)は、フリーターや既卒、第二新卒、高卒、大学中退など、理由があり転職活動に悩んでいる人を支援してくれるサービスです。

17歳から34歳への若手の中途採用や、女性採用支援など、多くの支援が受けられるので、転職に不安を抱えている人にも使いやすいです。

マッチング求人サイトが利用できたり、WEBで面談サービスができたりと、地方でも利用できる制度も使えます。

担当コンサルタントへ直接LINEで相談ができたり、転職のノウハウも確認できます。

一人で転職活動に不安を抱えている方に寄り添ってくれるサービスで、定着率も94.3%と信頼の高い転職エージェントです。

もくじに戻る▲

宮城県で転職まとめ

宮城県で転職まとめ

最後に宮城県で転職する際のポイントなどをまとめていきます。

宮城県は農業や酪農などの第一次産業が盛んで、20代〜60代のシルバー層への就学支援も充実しています。

県自体の住みやすさでも人気が高く、絶景やグルメが魅力です。

宮城県の年収は全国平均と比較しても高い傾向にあり、
それに反して生活費が安いので、とても住みやすい街
とされています。

しかし人気が高い、高年収求人が多いということは、ライバルも多く、転職活動は苦労する可能性もあります。

そこで転職サイト・エージェントを利用して、理想の企業を見つけ、セカンドキャリアに大きな花を咲かせましょう♪

宮城県で転職するなら
転職サイトおすすめランキング

もくじに戻る▲

求人数業界No.1の転職エージェント!
面接対策サポートから、言い出しづらい「年収」「条件」「入社日程」などの交渉もお任せ!
リクルートエージェント無料登録はコチラ
求人数、業界No.1
面接対策サポートから、言い出しづらい「年収/条件/入社日程」などの交渉もお任せ!
リクルートエージェント無料登録はコチラ
タイトルとURLをコピーしました